例え後遺症が残るような復讐をしないと恨みが晴れない場合でも、それを実行することはオススメできません。


理由としては当然ながら法に触れるからにほかなりません。


復讐というのは合法的にやってこそ意味のある行為ですし、後遺症が残るような方法でなくても解決策はあります。


あくまで「後遺症が残るくらいのダメージを与えたい」ということではないのでしょうか?

 


例えばの話です。


歩けなくさせたいくらい相手を恨んでいるとします。


ここで実際に歩けなくさせた場合と、相手の人脈すべてから関係を断たれ家族からも見捨てられ孤独に生きていくのでは、どちらが痛快でしょうか?


痛快=恨みが晴れるということで今回は考えて構いません。


要するに必ずしも歩けなくさせる必要がないのです。

 


望んでいる結末と恨みが晴れる結末というのは必ずしも一致しません。


正確には別の解決策も存在すると言った方が良いでしょうか。


それらの提案をしていくのも復讐屋という復讐に携わるプロの業者の仕事でもあります。


もちろん業者にも色々なタイプがありますから必ずやってくれる訳ではありません。


しかし基本的な復讐の道筋を一緒に組み上げてもらえる業者であれば、このような提案も珍しくないのです。

男性が憎い女への復讐方法を考える際に自分でどうやってやろうかと画策するものですが、基本的に何もしない方が良いでしょう。


もちろん復讐をするなということではありませんし、是非そこはやるべきかと思います。


そもそも憎まれる原因を作ったのは女性側ですし非が向こうにあるなら大義はこちらにありますから。


これが逆恨みだと目も当てられませんが、そういうことがないという前提で話を進めていきます。

 


まず日本というのは変なところで女性に甘い文化が根付いています。


何かをされたされてないという話について男女で食い違いが生じている場合、なぜか女性側の主張を優先されてしまいます。


日本において見知った関係での男女トラブルというのは起こさないに越したことはないのです。


つまり憎い女=多少なりとも関係性がある訳ですから、自分ではなにもしない方が今後のリスク低減に繋がるのです。

 


ではどうするのかというと、復讐屋などの第三者を頼ってみるのはどうでしょうか。


もちろんターゲットと繋がりがなく自分の信頼できる友人を頼るのも良いです。


結局のところターゲットの関係値がないところから復讐を遂行するのが一番の解決策となります。


これによって復讐に対する報復を防ぐこともできますからメリットも非常に多いのです。

復讐するなら簡単な復讐方法がいいのは誰でも考えますが、まずその効果を考えてみましょう。


誰にでもやれるような簡単さで、果たして大きな効果は得られるでしょうか?


答えとしては相手の弱点を突く方法でない限り効果もそれなりでしょう。

 


結局のところ復讐方法というのは相手への効果と実行にかかる労力が比例しやすいものです。


ですから大きな効果を得ようと思うなら、まずは相応の労力を覚悟すべきでしょう。


しかし抜け道というか、簡単にする解決策であれば存在します。

 


それがプロの復讐屋に依頼してしまうという選択肢です。


自分が求める相手の状況、結果を伝えて復讐屋にお任せしてしまう。


これ以上に簡単なことはないでしょう。


しかし当然ならプロに依頼するということはコストがかかります。


コストと労力のバランスを見てどちらがいいかというのは人それぞれになります。


また自分の恨みと比較することも大切ですので、どうするべきかは検討した方が良いでしょう。

結婚生活を送っていると旦那に復讐したいと思うことは1回や2回当たり前にあります。


場合によっては毎日のように悩んでいるというケースもあるでしょう。


だからといって自分で旦那に対して復讐をしてしますのはデメリットが多すぎます。

 


一番の危惧は離婚の可能性でしょう。


離婚されてしまったら復讐しても元も子もないという方は多いです。


だからこそ耐える方も多いのですが、その選択肢は有用とは言えません。


なぜなら考えた復讐方法を自分が実行してリスクを被るなら、他人にやらせてしまえば良いだけだからです。

 


具体的な選択肢として復讐屋や復讐代行と呼ばれるプロの業者がいます。


業者である以上、赤の他人が自分に代わって復讐を実行してくれるということになります。


旦那からすれば嫁は特に何もしてない訳ですから、様々なリスクがゼロに近づいていくということになるでしょう。


これは大きなメリットではないでしょうか?

 


もちろん既婚者が復讐において必ず業者を使う必要がある訳ではありません。


リスクなどを回避するために利用することが有用であれば使えば良いだけです。

浮気された恨みを晴らすべく復讐方法を探しているのであれば、適切な相手へ真実を暴露するのが最も効率的です。


例えば浮気のみならず不倫関係であったとすればターゲットの配偶者が良いですね。


一言告げるだけで修羅場になるのは確定も同然でしょう。

 


この手の話だと職場や親族あたりがベターですが、友人関係で浮気をするというパターンもあります。


そのような場合は自分の近しいところから仲間に引き込んでいくのが良いです。


あまりターゲットの方に近い相手から話をしてしまうとターゲットにすり寄ってしまうのでオススメしません。

 


どのような復讐方法でも基本は徐々にでも良いので味方をつけていく=ターゲットが完全なる悪であることを周知することが大切です。


でないと独りよがりな行動になってしまい合法的な復讐であっても自分が悪になってしまうのです。


善悪の基準というのは法的なところとは全く別の動きをしますので、ここは復讐方法を考える上で一番注意した方が良いでしょう。