職場の誰かという訳でもなく会社に対して恨みを持つ方というのは世の中には沢山います。


しかし果敢に1人で戦いを挑んだ結果、多くが闇に葬られているというのもまた1つの現実です。


なぜそうなってしまうかというと、会社という法人格を相手に1個人が戦うというのはあまりにも無謀だからです。


逆に成功を収めている方は誰かしらを頼ることによって復讐を果たしているということになります。

 


分かりやすい例が弁護士で、明らかに会社が法を犯している状態であれば弁護士に依頼すればそれだけで片付きます。


また労働基準監督署などの行政が味方になってくれるケースもありますが、どうしてもお役所仕事になってしまいます。


話の分かる担当に当たるか弁護士が受けてくれる以上にキッチリ証拠などが揃ってないと動きませんから、確実にとはいえないところです。

 


このように士業と行政で多くの問題は片付きますが、証拠があやふやであるなど明らかに非が向こうにあるのに解決しないということも少なくありません。


そういった場合は復讐屋などに依頼をするという流れになりますので、一度相談してみると良いでしょう。


大きな敵と戦うにはこちらも巨大化を図らないといけません。


1人でどうにかしようと思っていたのであれば、今一度冷静になって考えてみることをオススメします。

ばれない復讐方法はないか、ばれない復讐方法はないか、と1人で探し続けていたりしませんか?

そもそも今までに読んだ復讐方法を他人が実行して自分は誰かと遊んでアリバイ作りしていれば良かったりしませんか?

というふうに実はばれない復讐方法を調べている人ほど既に方法だけは知っていたりするんです。

答えとしては自分でやらない・自分にアリバイがある状態なら疑われる余地がないということになります。

もちろん何をされてもお前がやったという流れで言われることはありますが、そんな可能性を見越してのアリバイです。

これが1人で自宅にいましたでは疑いが深まるだけなので注意しましょう。


さて、答えはわかったものの誰にやってもらえばいいのかという点ですが、これはもう友人知人か復讐屋の二択だと思って良いです。

友人知人には親族なども含まれますので赤の他人にお願いするか知っている人に頼むかといったところですね。


それぞれにメリットデメリットがあって友人知人に関してはターゲットと繋がりがある可能性をもっている人物を避けるべきです。

実はターゲットとの仲が自分とよりも良かったなんて状況だと目も当てられません。

かといって頼む前にターゲットとの仲を聞いたらそれこそお前何か計画してるだろって話になりますのでダメです。

あくまで自然に仲が良いかを探るかターゲットとは関係ない自分とだけ独自に繋がってる知人や友人に相談するのが良いでしょう。


一方で復讐屋はそういった繋がりを気にする必要がありませんが、商売でやってますので費用がかかるという点があります。

安心をお金で買うというか、リスクを避ける為にといった方が正しいかもしれません。

またプロとして日常的に復讐と向き合っているので経験値も違いますし、同じことをやらせても友人知人よりも効果がある可能性も高いです。

とは言え費用がかかるとねぇ・・・と躊躇するくらいなら頼む必要はないでしょう。


こればかりはどちらも一長一短ですから自分の状況に合わせて決めていくしか答えは出てきません。

費用をかけられないのに復讐屋を検討することはできませんし、信頼できる友人がいないのに頼むことはできません。

しっかりと計画性をもって復讐を進めていかないと恨みが消えないのは自分自身ですから慎重に決めていきましょう。

合法的な復讐方法といっても、正直な話そこまで特別なことではありません。

単に恨みを募らせて感情的に復讐方法を考えてしまうことで法に触れてしまうようなことばかり出てくるだけで、実際にはその手のリスクある方法は少数派といえます。

そもそもの話ですが、世の中に復讐ないしは仕返しをしたことがない人はどれだけいるのでしょうか?

その多くが法に触れることをしていたとしたら、言葉通り世の中終わってます。

ですが現状としてそうではない訳で、結局のところ意外と復讐方法というのは合法のものが少ないんです。


別の側面から考えていくと、復讐屋という復讐を専門とする業者がネット上に堂々とサイトを展開していたりもします。

仮に復讐という行為が法に触れるものなら流石にネットといえど長い間サイトを運営することはできないはずです。

それなのに何年も運営している業者がいるということは、復讐そのものは法に触れる触れないの話ではないという結論になります。

あくまで復讐として法に触れる行為をしてしまうからアウト、そういうものだと念頭に置いて復讐方法を考えることが大切です。


もちろん恨みが晴れてこその復讐方法ですから、法的にアウトかセーフかばかり考えて内容がおざなりになっても意味がありません。

合法的でかつ効果がある復讐方法であることが前提という言い方もできるでしょう。

またそこに向かって計画を練っていくという流れが正しい復讐方法の考え方ではないでしょうか。

これが1人で考えられるかどうかが1つのターニングポイントとなってきます。


もし1人で考えられないなら、選択肢としては泣き寝入りするか他人を頼るかになってきます。

他人とは全く知らない人物という意味ではなく第三者ということになるので友人や知人など親しい間柄の方も含まれますし、復讐屋のような見ず知らずの人物も含まれます。

他人を頼るとしても復讐のターゲットに計画が漏れてしまうのは避ける必要がありますから、共通の知人などリスクを感じるところは排除しましょう。

究極的には全く知らない、かつ復讐をしっかり遂行してくれる復讐屋が理想ですが、いかんせん向こうもボランティアではありませんから費用がかかってきます。

この辺りを納得できるかどうかというのは自分が持つ恨みの大きさにもよると思いますから、一度冷静に検討した方が良いでしょう。