復讐方法を調べようと思えば沢山出てくるのが今のインターネットというものです。


しかしその手のサイトに掲載されている情報というのは信用に足るでしょうか?


結論から言えば掲載する目的が私達と違うので完全に信用することはできません。

 


そもそもサイトを運営している方が復讐方法や体験談を掲載しているのは見てもらいたいからです。


これは真の意図がどうであれば間違いのないことでしょう。


そして見てもらって次にどうして欲しいのかというのが、真の意図になってきます。


純粋に復讐の手助けをしたい方もいれば、ただ単に人気サイトを作りたくてアクセス稼ぎをしている方もいます。


特に注意すべきなのは後者のアクセス稼ぎです。


読んで面白い話を掲載することが目的になるので内容の真偽は別の話になってきます。


それを鵜呑みにして復讐方法として取り入れたらどうなるかというのは説明不要でしょう。

 


このように真偽は別として同じ復讐に関する内容であっても目的が違えば方向性も大きく変わってしまうのです。


内容に関しての真贋判定ができないのであれば、復讐屋などに相談した方が間違いないでしょう。

 

どうしても復讐方法となると法に触れる、またはいけない事というイメージが強いものです。


しかし世の中の復讐が全て法に触れるという位置づけになってしまうと刑務所がいくつあっても足りません。


現実的に考えて復讐方法というのは多くが合法的であって然るべきですし、でなければ公然と復讐の話すらできないはずなのです。


頭では分かっていても心がついてこない、それが復讐に対するイメージなのではないかと思っています。

 


そもそもの話、合法的な行為だけで構成されたものは法に触れようがありません。


復讐という言葉の響きがいかにネガティブであっても、方法が合法的なら一切の問題がありません。


つまりは如何に合法的な行動だけで自分が望むターゲットの失墜を達成するかが重要なのです。

 


また一人でそれを考えろということではありません。


ターゲットとの繋がりもなく信頼ができる友人に相談しても良いでしょう。


そもそも合法的なことしか考えないのですから後ろめたいことなど一切ありません。


復讐屋などのプロに相談するのも大きな力となるはずです。


検討の結果依頼をしないという選択もできますし復讐を依頼することもできます。


何れにせよプロの話が聞ける訳ですから、損をすることはないはずです。

復讐方法というのはネットで調べれば幾らでも出てくるものですが、実際のところは殆ど使えません。


多くが創作であったり、面白おかしく読めるよう脚色されていますからリアルな復讐方法というのは非常に珍しいのです。


ですが探してる側は真剣に探しているので裏を読まずに字面だけで物事を捉えてしまいます。


そして鵜呑みにして実行してみたら失敗したというのが実際よくある結末だったりします。


安易に探した復讐方法ほどこの傾向が強いということも言えます。

 


ではどうすれば良いのかということですが、基本的に復讐方法をネットで探す必要は全くありません。


なぜなら相手と自分、つまり当事者に起きたこと、芽生えた恨みを晴らすために何が必要かという原因と解決策は自分の中にあります。


自分が復讐相手に対して何をしたいか、またどうすれば復讐成功となるか、正に自分基準で考えて良いところだからです。


そこで他人の考えなどを入れても解決になりませんし、下手をすると復讐したのに恨みが晴れないこともあります。


復讐を実行する際に復讐屋などの選択肢もありますが利用できるようにするには復讐の着地点がないといけません。


何でもいいから復讐してくれという依頼は成立しないのです。

 


相手にどうなって欲しいか考えがまとまってから、はじめて復讐方法の構築に入ります。


自分が求める結果にするにはどういう行動が必要かというのを逆算していきます。


自分で考えても良いですし難しいなら、ここは復讐屋を頼って良いところです。


あまり一人で無理をして考えても仕方ないところですから、少しでも復讐屋など第三者を活用する考えがあるなら相談しましょう。


この手の業者は相談までは無料、依頼をしたら料金が発生しますので、言い方は悪いですが相談するだけタダなのです。


それを活用しない手はないと思います。

どんな復讐方法があるのかと熱心に調べる方は多いですが、相手ありきで復讐方法を調べる方は少ないものです。


相手に対して実行する復讐方法を調べているはずなのに相手への効果などを考えないというのもおかしな話ですね。


実際のところそうやって調べた方法は大した効果もなく失敗に終わるというオチが待っています。

 


あくまで復讐はターゲットにするもので、その方法は相手の弱点を突かなければ意味がありません。


単に復讐をしたという履歴を残したいだけなら好きな方法でやれば良いですが、多くはそういうことでもないはずです。


自分の望む状態に相手が陥ってこそ復讐は成功という位置づけになるのではないでしょうか。


そのためには相手に合わせた復讐方法を実行する必要があります。

 


また復讐方法を探すことができないなら復讐屋に投げてしまうという手もあります。


自分が求める結末さえ固めておけば、それを伝えるだけで動いてくれるのが業者のいいところです。


全てを投げてしまうと望まない結果になる可能性もありますから、結末だけは伝えておくべきです。


それによって話もスムーズになりますし、その他の点においても話が早くなるのでメリットしかありません。

働いていると陰険な上司やお局様など色々な立場の人物から理不尽な仕打ちを受けたりするものです。


そんな時に何か良い復讐方法はないかと方策を調べるということは誰でもあるはず。


しかし結局は我慢するしかないと見当違いな自己解釈で誰にも相談せずに終わるケースが大多数でしょう。


はっきり言いますが、だからご自身の職場は働き辛い環境になってしまっているのです。


キツイ言い方をすれば環境を自ら変えることをしなかった自己責任です。


今からでも遅くはありません、働きやすい職場にしてしまいましょう。

 


結局のところ理不尽な仕打ちというのは自分だけにされているものではありません。


他にも誰かしらが被害に遭っているケースが大多数ですので味方を可能な限り多く作って対抗していくというのも手でしょう。


いっそのこと告発してしまうのも今の御時世に合っているかもしれません。


自分で動くことが怖ければ他人に頼むという手だってあります。

 


1つの答えとして復讐屋に相談するというのも手です。


理不尽な仕打ちを告発してターゲットを追放するとか制裁するというのは、いわば1つの復讐方法です。


会社など社会的なコミュニティでの復讐方法は、まず正攻法からというのがセオリーとしてあります。


なぜなら法人という法的に認められた集団の中での話ですから先に正攻法での糸口を探した方が無難だからです。


結局は復讐が達成できれば良いわけですから、餅は餅屋、復讐は復讐屋に相談するのが早いかもしれませんね。