ネットで気軽に何でも調べられるようになった今、復讐においてもネット活用をしようとする方が多いと思います。


どこかに最高の復讐方法がないか調べようとしている、また調べても見つかってない方は今後も見つかることはありません。


そもそも最高の復讐方法というのは世の中に存在しないというのが一番の理由になります。

 


最高の復讐方法とは言い換えれば自分の状況で一番有効な復讐方法といえるでしょう。


しかし復讐のシチュエーションというのは同じようなケースがあっても個々の状況というのは千差万別です。


元より相手が違えば弱点も違うので全く同じ事例が復讐方法と共にネットで掲載されている可能性はゼロに等しいのです。

 


もちろん完全にゼロとは言いませんが、そんな奇跡を探すよりもしっかりと自分で計画を練るなり復讐屋を頼るなりした方が良いのではないでしょうか。


結局のところ目的は復讐をして恨みを晴らすことで最高の復讐方法を探すことではありません。


手段が目的にならないうちに道が逸れないようにすべきことがなにより大事ではないかと思います。

職場で復讐方法を模索するというのは相当なストレスが溜まっている状態であることは間違いありません。


だからといってそれを暴発させて突飛な行動を取ることは自信の職場生命が脅かされるものと思った方が良いでしょう。


一番考えるべきは恨みを晴らすこと、復讐方法を練り上げ実行することで正解ですが職場での身の振り方も考える必要があるということです。

 


もし復讐を完遂して自らも退職するという考えで行動するのであれば、法が許す範囲で動いていけば問題ありません。


復讐屋でも弁護士でも利用できるものを何でも利用して恨みが晴れるまで動いていくことで復讐方法というのは計画ができます。


しかし復讐後も同じ職場で仕事を続けていこうとしているのなら、一捻りしないと上手くいかないことが多いでしょう。

 


どれだけ相手に非があったとして復讐方法を実行したということが周りに知れ渡れば今までの評価というのは反転する可能性があります。


それだけに自分がやったと悟られないような方法である必要がありますし、実行者も自分以外の方が望ましいはずです。


そういった時に復讐屋を始めとした第三者は利用価値がとても高いですから検討の余地は充分にあるかと思います。

相手が不倫をしたからといって何をしても許される訳ではないのが日本という国です。


ケースによっては相手に有利な条件で離婚などの報復を与えられてしまう可能性があることも考えておくべきでしょう。


もちろん悪いのは不倫をした相手ですが、だからといって全てのイニシアティブを取れるということではありません。

 


大前提として立場が逆転してまうというのは人道的、かつ法的に相手よりも悪いと判断されてしまうということになります。


噛み砕くと仮に離婚調停になった場合どちらが有責かという判断というと分かりやすいかもしれません。


元はといえば相手の不倫が原因だとしても復讐方法の選び方によっては最終的に自分が悪い、やりすぎだという判断になってしまうのです。

 


そうならないためにも復讐方法を考える時はキッチリと恨みを晴らしつつも1回で終わるようなものが良いと思います。


悪い例として不倫をしたのでパートナーの給料をすべて差し押さえ、ご飯も作らず小遣いも与えないというような場合、今の時代DVに当てはまってしまいます。


分かりやすくいえばネチネチと長い期間いたぶるよりは一撃でズバッと終わらせるべきということなのです。

難易度の高低は別として、どんなに実現不可能と思われる状況でも復讐方法を練ることは可能です。


もちろん実現できなければ意味がないのですが、100%不可能という判断になるなら道筋が間違っているということです。


どこかに実現可能なルートはないのか模索し軌道修正を続けていくことで復讐方法というのは完成します。

 


その模索に必要なのが予め結末を用意しておくということです。


結末が定まってなければどう模索していいかも分からないまま時間だけが進んでいきます。


結局のところ難易度に関わらず復讐方法を考えるなら結末からということになってしまいます。

 


恨んでいる相手がどうなったら自分の恨みが晴れるのか、もしくは相手をどうしたいのか・・・そんな考え方で問題ありません。


とはいえ考えている途中でころころと結末が変わるようなことは避けなくてはいけません。


1人で思い至らないのであれば復讐屋などに相談することも可能ですから、まずは明確に結末を決めましょう。

何でも一番いいのが間違いないものですが、復讐方法においてはケースによって細分化され一番が多岐に渡ります。


まとめてしまえば自分が一番満足する方法が一番の復讐方法ということになりますが、少し抽象的な話になってしまいますね。


要するに復讐において求めていることを全て達成する=充分に満足する訳ですからこれを目指せる復讐方法であることが条件になります。

 


恨みのある相手をどうこうしたい、という「どうこう」は人によって様々な考えを持っているはずです。


ですから求めるべき結末を先において逆算していくことが一番の復讐方法を作り上げる前提となります。


必ずといっていいほど達成には障害が出てくるものですが、それは考えないでまず道筋を作っていきましょう。

 


障害をクリアするための手段や方法というのは、その後で全く問題ありません。


まず道筋を作り障害をクリアする方法を模索して見当もつかないなら修正を行なっていく。


もちろん復讐屋などの第三者を介在させることで解決することもあるなら相談などを行なうとよいでしょう。


そうして積み重ねた先に一番の復讐方法というものができあがるわけです。