復讐方法を探すにしても簡単で効果が大きいものがないかという見方で探しがちですが、世の中そんなに上手くはできていません。


簡単な復讐方法というのは確かに存在するものの、効果が薄く復讐をやっただけで満足するという代物ばかりなのです。

 


旦那の料理に混ぜものをしたり歯ブラシで掃除をしたり・・・というのが分かりやすい例かと思います。


この手の復讐方法というのはターゲットが復讐行為を認知していないので効果の有無というより実行をしたことに対して満足をするという行為。


相手をどうこうして恨みを晴らす方向で考えないといけないケースでは、とてもではありませんが使えるものではありません。

 


結論として復讐方法というのは自分が何を求め相手をどうしたいのかというとこから逆算する必要があります。


ターゲットに対して何かしらネガティブな結果を期待して料理に何かを混ぜたり私物を隠したりというのは矛盾しています。


相手を変化させるには相手が何かを認識するところから始まりますので、もっと直接的な復讐方法が適切ということになります。


ただし環境によってはそういう手段を自分で取ると復讐がバレルというデメリットもありますので、場合によっては復讐屋などを検討する必要もあります。

前回もお伝えしましたが、復讐方法において大切なのは法律の範囲内で組み立てるということです。


復讐というだけで法に触れると思い込んでいる方もいますが、あくまで復讐の際に法に触れる行為をするからダメなのです。


つまりは復讐そのものについては法律の範囲内であると言えますし、法に触れない復讐というのは確かに存在するのです。

 


実例でいえば不倫に対する復讐で相手の職場や親族に弁護士を通して不倫の事実を告発することは法に触れるでしょうか?


また、それは恨みを晴らす行為であり復讐ということになりますので、それが法に触れるといえるでしょうか?


結論としては法律の中で動いているからこそ弁護士も動く訳ですし法に触れないということになります。

 


このように法に触れない復讐というのは存在しており、他のケースでも問題なく法律に則った復讐をすることができます。


だからこそ復讐屋も堂々とホームページや広告をネット上に出して営業活動をしている訳です。


その前提で考えていくことが何よりも重要ですし、法律に則ったことをしている以上は復讐が悪いことというのは単なる偏見なのです。

復讐方法となるとメチャクチャなことをして相手を破滅に追いやってやろうと考える方が多いですが早まったことは止めましょう。


あくまで復讐方法というのは自分の人生を壊すものではなく、相手にケリをつけて元の自分に戻るための手段です。


その意識をもたないまま復讐に踏み切ってしまうと文字通り人生を壊す結末が待っているものです。

 


過激なことを考えれば考えるほど、その行為は法に触れると思った方が良いもので、バレなければいいという話ではありません。


法に触れることをすれば当然罰せられますから、自分の人生に傷をつけるどころか場合によっては人生が壊れます。


狂った人生のまま生きたいという方はいませんし、清々しく幸せな人生を送りたいと誰もが考えているはずです。

 


間違った復讐というのはそんな人々の願望をいとも簡単に打ち壊してしまうものです。


逆に正しい復讐というのは法にも触れず相手に制裁を加え恨みが晴れることが元の自分に戻ることができます。


どちらがいいかは明白ですし、自分にその方法が分からなければ頼るべきなのは復讐屋などのプロです。

復讐方法というのは一人で実行するよりも複数人で行動していく方が効果的なケースが殆どです。


ですが複数人で動けば動くほど懸念されるべきなのが裏切り行為です。


打算的に考えてターゲットに密告した方が見返りもあると踏んだ人間はいとも簡単に裏切りを実行します。

 


なぜそうなるのかといえば、仲間を近しいところで探しているからに他なりません。


例えば職場内の復讐において職場内で仲間を探してしまうと、見つかりやすいですが裏切りのリスクは跳ね上がります。


せめて職場外の友人や知人を当たるのが良いところでしょう。

 


が、それでもリスクが怖い、もっと安全策はないのかという方には復讐屋をオススメします。


完全なる第三者で当然ながら守秘義務もあり、復讐に特化しているので復讐方法にも精通しています。


ただしコストは相応にかかりますから、どの程度まで復讐に対して様々な代償を覚悟しているのかで決めると良いでしょう。

よくある主婦の復讐ネタで雑巾汁を味噌汁に入れたり使用している歯ブラシで排水溝掃除といった話がありますが、あれは意味がありません。


いやいやスッキリするから復讐になっていると思っている方も勿論いるでしょう。


しかし以前と変わらない相手の態度などを見て次なる復讐と称した自己満足な行為を画策するのではないでしょうか。

 


何かされて復讐心が芽生え、何らかの行為をもって恨みを晴らすという流れは復讐において正しい流れです。


しかし前述の行為が恨んでいる相手が蚊帳の外にいる状態ですから、本当に言葉通り自己満足でしかありません。


本当はターゲットが悶えるところを見たいのではないでしょうか?

 


とはいえ法に触れるようなことをしろと言っているのではありません。


例えば恨む原因に明確な相手の癖などがあれば、それが直るようにしていけば良いのです。


離婚事由に相当するほどの話なら面と向かって話せば良いですし、究極的には復讐屋などの第三者という選択肢もあります。