どうしても復讐方法となると法に触れる、またはいけない事というイメージが強いものです。


しかし世の中の復讐が全て法に触れるという位置づけになってしまうと刑務所がいくつあっても足りません。


現実的に考えて復讐方法というのは多くが合法的であって然るべきですし、でなければ公然と復讐の話すらできないはずなのです。


頭では分かっていても心がついてこない、それが復讐に対するイメージなのではないかと思っています。

 


そもそもの話、合法的な行為だけで構成されたものは法に触れようがありません。


復讐という言葉の響きがいかにネガティブであっても、方法が合法的なら一切の問題がありません。


つまりは如何に合法的な行動だけで自分が望むターゲットの失墜を達成するかが重要なのです。

 


また一人でそれを考えろということではありません。


ターゲットとの繋がりもなく信頼ができる友人に相談しても良いでしょう。


そもそも合法的なことしか考えないのですから後ろめたいことなど一切ありません。


復讐屋などのプロに相談するのも大きな力となるはずです。


検討の結果依頼をしないという選択もできますし復讐を依頼することもできます。


何れにせよプロの話が聞ける訳ですから、損をすることはないはずです。

コメント
コメントする