復讐方法というのはネットで調べれば幾らでも出てくるものですが、実際のところは殆ど使えません。


多くが創作であったり、面白おかしく読めるよう脚色されていますからリアルな復讐方法というのは非常に珍しいのです。


ですが探してる側は真剣に探しているので裏を読まずに字面だけで物事を捉えてしまいます。


そして鵜呑みにして実行してみたら失敗したというのが実際よくある結末だったりします。


安易に探した復讐方法ほどこの傾向が強いということも言えます。

 


ではどうすれば良いのかということですが、基本的に復讐方法をネットで探す必要は全くありません。


なぜなら相手と自分、つまり当事者に起きたこと、芽生えた恨みを晴らすために何が必要かという原因と解決策は自分の中にあります。


自分が復讐相手に対して何をしたいか、またどうすれば復讐成功となるか、正に自分基準で考えて良いところだからです。


そこで他人の考えなどを入れても解決になりませんし、下手をすると復讐したのに恨みが晴れないこともあります。


復讐を実行する際に復讐屋などの選択肢もありますが利用できるようにするには復讐の着地点がないといけません。


何でもいいから復讐してくれという依頼は成立しないのです。

 


相手にどうなって欲しいか考えがまとまってから、はじめて復讐方法の構築に入ります。


自分が求める結果にするにはどういう行動が必要かというのを逆算していきます。


自分で考えても良いですし難しいなら、ここは復讐屋を頼って良いところです。


あまり一人で無理をして考えても仕方ないところですから、少しでも復讐屋など第三者を活用する考えがあるなら相談しましょう。


この手の業者は相談までは無料、依頼をしたら料金が発生しますので、言い方は悪いですが相談するだけタダなのです。


それを活用しない手はないと思います。

コメント
コメントする