どんな復讐方法があるのかと熱心に調べる方は多いですが、相手ありきで復讐方法を調べる方は少ないものです。


相手に対して実行する復讐方法を調べているはずなのに相手への効果などを考えないというのもおかしな話ですね。


実際のところそうやって調べた方法は大した効果もなく失敗に終わるというオチが待っています。

 


あくまで復讐はターゲットにするもので、その方法は相手の弱点を突かなければ意味がありません。


単に復讐をしたという履歴を残したいだけなら好きな方法でやれば良いですが、多くはそういうことでもないはずです。


自分の望む状態に相手が陥ってこそ復讐は成功という位置づけになるのではないでしょうか。


そのためには相手に合わせた復讐方法を実行する必要があります。

 


また復讐方法を探すことができないなら復讐屋に投げてしまうという手もあります。


自分が求める結末さえ固めておけば、それを伝えるだけで動いてくれるのが業者のいいところです。


全てを投げてしまうと望まない結果になる可能性もありますから、結末だけは伝えておくべきです。


それによって話もスムーズになりますし、その他の点においても話が早くなるのでメリットしかありません。

コメント
コメントする