人に大してするものだから復讐方法は臨機応変でなくてはいけない。


そういう考え方もあると思いますが、それは全体の5%程度にすぎないといえます。


特に自分で復讐行為をしようとすると曖昧にしがちですが復讐方法の選定はほぼ全てを決します。

 


まずまずもってやろうとしていることが相手にとってダメージなのかどうかは一番重要です。


自分がやられたら困ることでも相手が困るとは限りません。


自分にとって弱点であることも相手にとっては強みかもしれません。


相手は相手、自分は自分、他人は他人なのです。

 


そのターゲットに合わせて構築していくことが最良の復讐方法に繋がります。


自分本位に考えてしまっては自分に効く復讐方法しか組み上げることができません。


それは本末転倒というか、自分に対して復讐する訳ではないので意味がありませんよね。

 

もしもそこまで緻密に復讐方法を組めないということであれば実行前に一旦ストップしてください。


復讐屋など有力なサポートを受けてプランを考え直すのもよし、業者に任せてしまうのも良しです。

コメント
コメントする