よくある主婦の復讐ネタで雑巾汁を味噌汁に入れたり使用している歯ブラシで排水溝掃除といった話がありますが、あれは意味がありません。


いやいやスッキリするから復讐になっていると思っている方も勿論いるでしょう。


しかし以前と変わらない相手の態度などを見て次なる復讐と称した自己満足な行為を画策するのではないでしょうか。

 


何かされて復讐心が芽生え、何らかの行為をもって恨みを晴らすという流れは復讐において正しい流れです。


しかし前述の行為が恨んでいる相手が蚊帳の外にいる状態ですから、本当に言葉通り自己満足でしかありません。


本当はターゲットが悶えるところを見たいのではないでしょうか?

 


とはいえ法に触れるようなことをしろと言っているのではありません。


例えば恨む原因に明確な相手の癖などがあれば、それが直るようにしていけば良いのです。


離婚事由に相当するほどの話なら面と向かって話せば良いですし、究極的には復讐屋などの第三者という選択肢もあります。

結婚生活を送っていると旦那に復讐したいと思うことは1回や2回当たり前にあります。


場合によっては毎日のように悩んでいるというケースもあるでしょう。


だからといって自分で旦那に対して復讐をしてしますのはデメリットが多すぎます。

 


一番の危惧は離婚の可能性でしょう。


離婚されてしまったら復讐しても元も子もないという方は多いです。


だからこそ耐える方も多いのですが、その選択肢は有用とは言えません。


なぜなら考えた復讐方法を自分が実行してリスクを被るなら、他人にやらせてしまえば良いだけだからです。

 


具体的な選択肢として復讐屋や復讐代行と呼ばれるプロの業者がいます。


業者である以上、赤の他人が自分に代わって復讐を実行してくれるということになります。


旦那からすれば嫁は特に何もしてない訳ですから、様々なリスクがゼロに近づいていくということになるでしょう。


これは大きなメリットではないでしょうか?

 


もちろん既婚者が復讐において必ず業者を使う必要がある訳ではありません。


リスクなどを回避するために利用することが有用であれば使えば良いだけです。

誰しも母親が憎いという時はありますが、いざ復讐するとなると方法から感情的なところまで色々な障害があります。


それが家族だった人物というものですし苦しさのあまり紛らわすことでもありません。


復讐したいという憎しみと家族に対する気持ちや想いというのは別の話ですから至って普通の感情です。


ですがそういった気持ちがあると復讐するにしても躊躇しやすくなってしまうというものです。


だからこそ間接的に、それこそ第三者が介入していくような復讐方法を取れるとベストだったりもします。

 


身近なところで言えば母親の悪事を父親にバラして代わりに制裁してもらうというのも全然アリです。


これは血の繋がり的なところもあって、母子は血の繋がりがありますが夫婦では繋がりがないので、子が何か行動をするよりも躊躇がありません。


そういった心理的なところを利用しても良いですし、元よりあまり付き合いのない親戚に相談するというのも良いでしょう。

 


万が一誰もが母親の味方になってしまいそうであれば復讐屋や友人など親族外の第三者に何かしら手伝ってもらうのが良いです。


ただし友人に相談して何かしてもらう時は首謀者が自分であることを漏らさないように万全の計画を練って対応していく必要があります。


その点、復讐屋はそういった心配がないので良いもののプロですからコストも当然かかってきます。


どちらも一長一短ですから○○が良いということもなくケースに応じて選択していくべきことですね。

 


村や町など小さいコミュニティの中で色々やると誰に相談しても筒抜けということもありますから、そういう時は完全な第三者に相談すべきです。


かといって復讐屋に依頼するような大事じゃないと躊躇するくらいなら相談しても意味がありませんから別の作戦を考えた方が良いでしょう。


また一人で悩んでいるくらいなら信用できる友人か、情報をボカして復讐屋に軽く相談するなど、ある程度は動いていかないと解決に向かいません。


自分のケースにあてはめてこの当たりは決めていくと良いでしょう。

 

1