結論からいえば復讐方法というのはどんなものでも精神的ダメージに帰結して、それがない場合恨みも晴れず復讐は成功ということになりません。


普通の方は復讐=暴力など物理的なものというイメージがあるかもしれませんが、あれだって最終的に相手が悔やんだりすることになって初めて恨みが晴れる訳ですから最後は精神的なところになるんです。


で、当然ながら暴力は法に触れますから復讐方法としては最も褒められたものではありませんから、同じ精神的にダメージを与えるということが最終目標ならやる必要もないんです。


こういうことからも物理的な復讐方法というのは本当にオススメできないんですねっていうお話です。

 


話を戻して精神的な復讐方法についてですが、結局のところ相手が後悔なり反省の意思を持つことが多くの場合において復讐成功となり得ると思いますが、ここに罠も潜んでいます。


何かというと自分と相手の間にあった出来事で恨みが生まれ、それを反省するということは復讐の首謀者である自分に対しする行為を相手は反省しなければいけません。


ということは誰が復讐してるかバレてしまいませんか?ということになります。


第三者が仮に復讐を実行したとしても自分と相手の間にあった出来事を意識しないと後悔も反省もできません。


ですのでこれらを意識して復讐していくとなると、どちらかというと懲らしめるに近いのではないかと思います。

 


単に相手に対してネガティブな出来事を起こして、精神的なダメージを与えるだけなら全然イージーな方ではあります。


法に触れないようにするというは前提にありますが成功すれば何でも良いということになりますからシンプルかつイージーです。


ですが前述の通り、自分に謝って欲しいだとか当事者同士で何かしらの接触や意思の疎通が必要になってくると一気に難しくなります。

 


難しくなるということは一人で実行するにせよ復讐屋などに依頼するにせよコストというものがかかります。


それが時間なのか労力なのか金銭なのかは選択肢によって変わってきますが、コストが変化する以上しっかり復讐の目的や着地点を考えた方が良いでしょう。


これだけ計画性が必要なわけですから、やはり闇雲に復讐をしても話にならないということでもあったりするんです。

 

1