復讐方法を考える上で必要なことは非常にシンプルで、誰にでも考えられることですが多くの方が実践せず復讐の成功を逃しています。


何が必要なことであるかというと、復讐の終着地点が明確であり、それに向けて現実的に考えていくことの2点です。


言葉に表してしまえば本当にこれだけなのですが、復讐に失敗する方はこれができずに進めてしまっているのは間違いありません。

 


なぜ終着地点が明確である必要があるかというと様々なものを計画するにもゴールが見えてないと行き先不明になってしまいます。


しかし復讐というのは恨んでいるという精神状態から「復讐する」ことをゴールに置き換え感情的に行動してしまうことも可能なのです。


だからこそ復讐が失敗してしまう方の殆どが感情的に復讐してしまい復讐方法もなにもない状態で動くことが原因で失敗してしまうということになります。

 


これを解決する方法が終着地点を定めることであり、そこに向けて現実的に考えていく必要があるのです。


現実的に考えるというのは言葉通りで、自分にできないことを計画しても仕方ありませんし、可能なことだけで復讐方法を組み上げなければなりません。


あるいは自分にできないことを復讐屋などに任せるという選択肢もありますが、それには終着地点を伝えなければいけませんから、何れにせよ必要なことは変わりがないのです。

復讐方法を探すにしても簡単で効果が大きいものがないかという見方で探しがちですが、世の中そんなに上手くはできていません。


簡単な復讐方法というのは確かに存在するものの、効果が薄く復讐をやっただけで満足するという代物ばかりなのです。

 


旦那の料理に混ぜものをしたり歯ブラシで掃除をしたり・・・というのが分かりやすい例かと思います。


この手の復讐方法というのはターゲットが復讐行為を認知していないので効果の有無というより実行をしたことに対して満足をするという行為。


相手をどうこうして恨みを晴らす方向で考えないといけないケースでは、とてもではありませんが使えるものではありません。

 


結論として復讐方法というのは自分が何を求め相手をどうしたいのかというとこから逆算する必要があります。


ターゲットに対して何かしらネガティブな結果を期待して料理に何かを混ぜたり私物を隠したりというのは矛盾しています。


相手を変化させるには相手が何かを認識するところから始まりますので、もっと直接的な復讐方法が適切ということになります。


ただし環境によってはそういう手段を自分で取ると復讐がバレルというデメリットもありますので、場合によっては復讐屋などを検討する必要もあります。

復讐方法というのは一人で実行するよりも複数人で行動していく方が効果的なケースが殆どです。


ですが複数人で動けば動くほど懸念されるべきなのが裏切り行為です。


打算的に考えてターゲットに密告した方が見返りもあると踏んだ人間はいとも簡単に裏切りを実行します。

 


なぜそうなるのかといえば、仲間を近しいところで探しているからに他なりません。


例えば職場内の復讐において職場内で仲間を探してしまうと、見つかりやすいですが裏切りのリスクは跳ね上がります。


せめて職場外の友人や知人を当たるのが良いところでしょう。

 


が、それでもリスクが怖い、もっと安全策はないのかという方には復讐屋をオススメします。


完全なる第三者で当然ながら守秘義務もあり、復讐に特化しているので復讐方法にも精通しています。


ただしコストは相応にかかりますから、どの程度まで復讐に対して様々な代償を覚悟しているのかで決めると良いでしょう。

ネットで気軽に何でも調べられるようになった今、復讐においてもネット活用をしようとする方が多いと思います。


どこかに最高の復讐方法がないか調べようとしている、また調べても見つかってない方は今後も見つかることはありません。


そもそも最高の復讐方法というのは世の中に存在しないというのが一番の理由になります。

 


最高の復讐方法とは言い換えれば自分の状況で一番有効な復讐方法といえるでしょう。


しかし復讐のシチュエーションというのは同じようなケースがあっても個々の状況というのは千差万別です。


元より相手が違えば弱点も違うので全く同じ事例が復讐方法と共にネットで掲載されている可能性はゼロに等しいのです。

 


もちろん完全にゼロとは言いませんが、そんな奇跡を探すよりもしっかりと自分で計画を練るなり復讐屋を頼るなりした方が良いのではないでしょうか。


結局のところ目的は復讐をして恨みを晴らすことで最高の復讐方法を探すことではありません。


手段が目的にならないうちに道が逸れないようにすべきことがなにより大事ではないかと思います。

難易度の高低は別として、どんなに実現不可能と思われる状況でも復讐方法を練ることは可能です。


もちろん実現できなければ意味がないのですが、100%不可能という判断になるなら道筋が間違っているということです。


どこかに実現可能なルートはないのか模索し軌道修正を続けていくことで復讐方法というのは完成します。

 


その模索に必要なのが予め結末を用意しておくということです。


結末が定まってなければどう模索していいかも分からないまま時間だけが進んでいきます。


結局のところ難易度に関わらず復讐方法を考えるなら結末からということになってしまいます。

 


恨んでいる相手がどうなったら自分の恨みが晴れるのか、もしくは相手をどうしたいのか・・・そんな考え方で問題ありません。


とはいえ考えている途中でころころと結末が変わるようなことは避けなくてはいけません。


1人で思い至らないのであれば復讐屋などに相談することも可能ですから、まずは明確に結末を決めましょう。