難易度の高低は別として、どんなに実現不可能と思われる状況でも復讐方法を練ることは可能です。


もちろん実現できなければ意味がないのですが、100%不可能という判断になるなら道筋が間違っているということです。


どこかに実現可能なルートはないのか模索し軌道修正を続けていくことで復讐方法というのは完成します。

 


その模索に必要なのが予め結末を用意しておくということです。


結末が定まってなければどう模索していいかも分からないまま時間だけが進んでいきます。


結局のところ難易度に関わらず復讐方法を考えるなら結末からということになってしまいます。

 


恨んでいる相手がどうなったら自分の恨みが晴れるのか、もしくは相手をどうしたいのか・・・そんな考え方で問題ありません。


とはいえ考えている途中でころころと結末が変わるようなことは避けなくてはいけません。


1人で思い至らないのであれば復讐屋などに相談することも可能ですから、まずは明確に結末を決めましょう。

何でも一番いいのが間違いないものですが、復讐方法においてはケースによって細分化され一番が多岐に渡ります。


まとめてしまえば自分が一番満足する方法が一番の復讐方法ということになりますが、少し抽象的な話になってしまいますね。


要するに復讐において求めていることを全て達成する=充分に満足する訳ですからこれを目指せる復讐方法であることが条件になります。

 


恨みのある相手をどうこうしたい、という「どうこう」は人によって様々な考えを持っているはずです。


ですから求めるべき結末を先において逆算していくことが一番の復讐方法を作り上げる前提となります。


必ずといっていいほど達成には障害が出てくるものですが、それは考えないでまず道筋を作っていきましょう。

 


障害をクリアするための手段や方法というのは、その後で全く問題ありません。


まず道筋を作り障害をクリアする方法を模索して見当もつかないなら修正を行なっていく。


もちろん復讐屋などの第三者を介在させることで解決することもあるなら相談などを行なうとよいでしょう。


そうして積み重ねた先に一番の復讐方法というものができあがるわけです。

 

手軽にできる復讐方法はないかと探す方はいつでもいますが、結局は手軽な結果しか得られません


復讐というのは魔法ではありませんから、手軽に大きな効果というのは望めないのです。


よって復讐方法というのは内容が大変なもので当たり前で、だからこそ大きな効果が望めるといえます。

 


もちろん裏道的なものも存在はしていますが相応のコストが必要です。


コストというのは単純に金銭だけではなく、時間だったり自分のリソースだったりと状況に応じて内訳は変わります。


大きな復讐の効果を得る為の対価といっても良いでしょう。


もっとも安直ですが堅実な選択肢が復讐屋などの業者ということになります。

 


犬小屋を作りたいのであればDIYでも問題ないかもしれませんが自宅を建てるとなると自分の手では心配になるものです。


だからこそ大工さんにコストを支払って頼む訳で、復讐方法の1つとして復讐屋を選択するのもこれと同じです。


賃貸で充分と思っているのに土地を買って家を建てる方はいませんし、手軽なことで充分なのに復讐屋を頼む方はいません。


何でもかんでも復讐屋ということではなく必要であれば検討するということが、ここでは重要な点になってきます。

悪口に対して復讐したい時は一般的な復讐よりも結末を明確にして行動していくべきです。


なぜなら単に悪口といっても軽いものから深刻な誹謗中傷まで様々あるため、恨みの程度も幅広くなるからです。


悪口に対して復讐するということは単純に復讐したいと言っているくらい大雑把であると思った方が良いでしょう。

 


もちろん各々が解決に向けてどういう結末を求めているか多少なりとも考えているはずです。


そこをより明確にしていくことが今回は必要であると思う程度で良いかもしれません。


悪口を止めて欲しい、更に謝罪して欲しい、より突っ込んで賠償が欲しいetc...


求める結末の程度によってとるべき行動も変わってくるものです。

 


その結末に向けて行動が変わるということは復讐方法もそれぞれに合ったものを用意する必要があります。


立場的に力のある人物を頼るとか、法的な権利を持っている方を頼るとか、それとも自分ひとりで動いていくとか。


もしくは自分だけで対処できないが立場的なものも法的なものも必要ない場合、復讐屋なども選択肢の1つとなります。


復讐に際して足りないところを他人で補っていくことが復讐したいという願望を実現する為に必要なのです。

復讐屋の工作員が実行する復讐方法は、何かとんでもないことをするものだと思っていないでしょうか。


実のところ基本的な部分では何か特別なことをしているという話ではないようです。


あくまで基本的なところですので例外はありますが、魔法のような方法がるということではない訳です。


結局は基本的なことの積み重ねで復讐方法が成立しているということです。

 


では工作員が実行するメリットは何かというと、復讐方法を実行する精度というのが挙げられます。


何ごとも直ぐに完璧なことができる訳ではありません。


日常的に復讐工作に携わっている以上、素人よりも精度が高いことは明らかなのです。


それが復讐の成功につながっていくといっても過言ではありません。

 


幾ら綿密な復讐方法を組み上げたとしても実行の精度が低ければ意味がありません。


料理未経験の方がプロの料理レシピを手にしても活用できないのと同じです。


単に第三者が実行してくれるというメリットに目がいきがちですが、工作員に任せるというのは他にも色々なメリットがあるのです。