復讐方法を調べようと思えば沢山出てくるのが今のインターネットというものです。


しかしその手のサイトに掲載されている情報というのは信用に足るでしょうか?


結論から言えば掲載する目的が私達と違うので完全に信用することはできません。

 


そもそもサイトを運営している方が復讐方法や体験談を掲載しているのは見てもらいたいからです。


これは真の意図がどうであれば間違いのないことでしょう。


そして見てもらって次にどうして欲しいのかというのが、真の意図になってきます。


純粋に復讐の手助けをしたい方もいれば、ただ単に人気サイトを作りたくてアクセス稼ぎをしている方もいます。


特に注意すべきなのは後者のアクセス稼ぎです。


読んで面白い話を掲載することが目的になるので内容の真偽は別の話になってきます。


それを鵜呑みにして復讐方法として取り入れたらどうなるかというのは説明不要でしょう。

 


このように真偽は別として同じ復讐に関する内容であっても目的が違えば方向性も大きく変わってしまうのです。


内容に関しての真贋判定ができないのであれば、復讐屋などに相談した方が間違いないでしょう。

 

復讐方法というのはネットで調べれば幾らでも出てくるものですが、実際のところは殆ど使えません。


多くが創作であったり、面白おかしく読めるよう脚色されていますからリアルな復讐方法というのは非常に珍しいのです。


ですが探してる側は真剣に探しているので裏を読まずに字面だけで物事を捉えてしまいます。


そして鵜呑みにして実行してみたら失敗したというのが実際よくある結末だったりします。


安易に探した復讐方法ほどこの傾向が強いということも言えます。

 


ではどうすれば良いのかということですが、基本的に復讐方法をネットで探す必要は全くありません。


なぜなら相手と自分、つまり当事者に起きたこと、芽生えた恨みを晴らすために何が必要かという原因と解決策は自分の中にあります。


自分が復讐相手に対して何をしたいか、またどうすれば復讐成功となるか、正に自分基準で考えて良いところだからです。


そこで他人の考えなどを入れても解決になりませんし、下手をすると復讐したのに恨みが晴れないこともあります。


復讐を実行する際に復讐屋などの選択肢もありますが利用できるようにするには復讐の着地点がないといけません。


何でもいいから復讐してくれという依頼は成立しないのです。

 


相手にどうなって欲しいか考えがまとまってから、はじめて復讐方法の構築に入ります。


自分が求める結果にするにはどういう行動が必要かというのを逆算していきます。


自分で考えても良いですし難しいなら、ここは復讐屋を頼って良いところです。


あまり一人で無理をして考えても仕方ないところですから、少しでも復讐屋など第三者を活用する考えがあるなら相談しましょう。


この手の業者は相談までは無料、依頼をしたら料金が発生しますので、言い方は悪いですが相談するだけタダなのです。


それを活用しない手はないと思います。

どんな復讐方法があるのかと熱心に調べる方は多いですが、相手ありきで復讐方法を調べる方は少ないものです。


相手に対して実行する復讐方法を調べているはずなのに相手への効果などを考えないというのもおかしな話ですね。


実際のところそうやって調べた方法は大した効果もなく失敗に終わるというオチが待っています。

 


あくまで復讐はターゲットにするもので、その方法は相手の弱点を突かなければ意味がありません。


単に復讐をしたという履歴を残したいだけなら好きな方法でやれば良いですが、多くはそういうことでもないはずです。


自分の望む状態に相手が陥ってこそ復讐は成功という位置づけになるのではないでしょうか。


そのためには相手に合わせた復讐方法を実行する必要があります。

 


また復讐方法を探すことができないなら復讐屋に投げてしまうという手もあります。


自分が求める結末さえ固めておけば、それを伝えるだけで動いてくれるのが業者のいいところです。


全てを投げてしまうと望まない結果になる可能性もありますから、結末だけは伝えておくべきです。


それによって話もスムーズになりますし、その他の点においても話が早くなるのでメリットしかありません。

人に大してするものだから復讐方法は臨機応変でなくてはいけない。


そういう考え方もあると思いますが、それは全体の5%程度にすぎないといえます。


特に自分で復讐行為をしようとすると曖昧にしがちですが復讐方法の選定はほぼ全てを決します。

 


まずまずもってやろうとしていることが相手にとってダメージなのかどうかは一番重要です。


自分がやられたら困ることでも相手が困るとは限りません。


自分にとって弱点であることも相手にとっては強みかもしれません。


相手は相手、自分は自分、他人は他人なのです。

 


そのターゲットに合わせて構築していくことが最良の復讐方法に繋がります。


自分本位に考えてしまっては自分に効く復讐方法しか組み上げることができません。


それは本末転倒というか、自分に対して復讐する訳ではないので意味がありませんよね。

 

もしもそこまで緻密に復讐方法を組めないということであれば実行前に一旦ストップしてください。


復讐屋など有力なサポートを受けてプランを考え直すのもよし、業者に任せてしまうのも良しです。

復讐するなら簡単な復讐方法がいいのは誰でも考えますが、まずその効果を考えてみましょう。


誰にでもやれるような簡単さで、果たして大きな効果は得られるでしょうか?


答えとしては相手の弱点を突く方法でない限り効果もそれなりでしょう。

 


結局のところ復讐方法というのは相手への効果と実行にかかる労力が比例しやすいものです。


ですから大きな効果を得ようと思うなら、まずは相応の労力を覚悟すべきでしょう。


しかし抜け道というか、簡単にする解決策であれば存在します。

 


それがプロの復讐屋に依頼してしまうという選択肢です。


自分が求める相手の状況、結果を伝えて復讐屋にお任せしてしまう。


これ以上に簡単なことはないでしょう。


しかし当然ならプロに依頼するということはコストがかかります。


コストと労力のバランスを見てどちらがいいかというのは人それぞれになります。


また自分の恨みと比較することも大切ですので、どうするべきかは検討した方が良いでしょう。