職場で復讐方法を模索するというのは相当なストレスが溜まっている状態であることは間違いありません。


だからといってそれを暴発させて突飛な行動を取ることは自信の職場生命が脅かされるものと思った方が良いでしょう。


一番考えるべきは恨みを晴らすこと、復讐方法を練り上げ実行することで正解ですが職場での身の振り方も考える必要があるということです。

 


もし復讐を完遂して自らも退職するという考えで行動するのであれば、法が許す範囲で動いていけば問題ありません。


復讐屋でも弁護士でも利用できるものを何でも利用して恨みが晴れるまで動いていくことで復讐方法というのは計画ができます。


しかし復讐後も同じ職場で仕事を続けていこうとしているのなら、一捻りしないと上手くいかないことが多いでしょう。

 


どれだけ相手に非があったとして復讐方法を実行したということが周りに知れ渡れば今までの評価というのは反転する可能性があります。


それだけに自分がやったと悟られないような方法である必要がありますし、実行者も自分以外の方が望ましいはずです。


そういった時に復讐屋を始めとした第三者は利用価値がとても高いですから検討の余地は充分にあるかと思います。

相手が上司だと復讐方法を考える以前に今後のことを考えて我慢してしまう人が多いですが、我慢はダメです。


かといって無計画に復讐してもクビになるのは目に見えてますので、まずはしっかりと計画を練っていくことが大切です。

 


具体的には自分の処遇、つまり復讐が終わった時にどういう状態になっていれはOKかを複数パターン出していきます。


やることやったら退社していてもOKとか、上司だけ会社から追い出して自分は残りたいとか、そういうボーダーラインということです。


なぜラインで考えるのかというと復讐方法の内容によって結末というのが変わりやすいためだったりもします。


だからこそ○○まではOKというラインが重要なのです。

 


そこが決まったらボーダーラインを割らないように上司に対する結末を決定します。


上司は会社にいるorいない、いた場合どうなっているのが理想かなどなど・・・恨みを晴らす為に必要な結末を考えていくわけです。


あとはその結末に向かって復讐内容を決めていくという流れですね。

 


復讐方法そのものについてはケースバイケースになってきますから、1つ1つアドバイスしていくことができませんが、諸リスクだけは考えた方が良いでしょう。


これをしたら自分の首が飛ぶだろうとか、減給になってしまったりしないだろうかというリスクは会社における復讐でつきものです。


究極的なことをいえば自分でやらずに第三者がやればリスクはあまり大きくならないのではないかと思います。


同じような恨みを持つ同僚たちがいるなら結託するというのも1つの手でしょう。


社内での実行に拘らないなら完全な第三者である復讐屋に依頼することもできますから、これはかなりリスクが少なくなります。


とはいえ完全な第三者に何かを頼むとしたら費用が必然的に発生してくるのが世の中です。


このあたりのデメリットと自分の恨みを天秤にかけて、どうするかというのも考えていくべきですね。

1