働いていると陰険な上司やお局様など色々な立場の人物から理不尽な仕打ちを受けたりするものです。


そんな時に何か良い復讐方法はないかと方策を調べるということは誰でもあるはず。


しかし結局は我慢するしかないと見当違いな自己解釈で誰にも相談せずに終わるケースが大多数でしょう。


はっきり言いますが、だからご自身の職場は働き辛い環境になってしまっているのです。


キツイ言い方をすれば環境を自ら変えることをしなかった自己責任です。


今からでも遅くはありません、働きやすい職場にしてしまいましょう。

 


結局のところ理不尽な仕打ちというのは自分だけにされているものではありません。


他にも誰かしらが被害に遭っているケースが大多数ですので味方を可能な限り多く作って対抗していくというのも手でしょう。


いっそのこと告発してしまうのも今の御時世に合っているかもしれません。


自分で動くことが怖ければ他人に頼むという手だってあります。

 


1つの答えとして復讐屋に相談するというのも手です。


理不尽な仕打ちを告発してターゲットを追放するとか制裁するというのは、いわば1つの復讐方法です。


会社など社会的なコミュニティでの復讐方法は、まず正攻法からというのがセオリーとしてあります。


なぜなら法人という法的に認められた集団の中での話ですから先に正攻法での糸口を探した方が無難だからです。


結局は復讐が達成できれば良いわけですから、餅は餅屋、復讐は復讐屋に相談するのが早いかもしれませんね。

 

職場の誰かという訳でもなく会社に対して恨みを持つ方というのは世の中には沢山います。


しかし果敢に1人で戦いを挑んだ結果、多くが闇に葬られているというのもまた1つの現実です。


なぜそうなってしまうかというと、会社という法人格を相手に1個人が戦うというのはあまりにも無謀だからです。


逆に成功を収めている方は誰かしらを頼ることによって復讐を果たしているということになります。

 


分かりやすい例が弁護士で、明らかに会社が法を犯している状態であれば弁護士に依頼すればそれだけで片付きます。


また労働基準監督署などの行政が味方になってくれるケースもありますが、どうしてもお役所仕事になってしまいます。


話の分かる担当に当たるか弁護士が受けてくれる以上にキッチリ証拠などが揃ってないと動きませんから、確実にとはいえないところです。

 


このように士業と行政で多くの問題は片付きますが、証拠があやふやであるなど明らかに非が向こうにあるのに解決しないということも少なくありません。


そういった場合は復讐屋などに依頼をするという流れになりますので、一度相談してみると良いでしょう。


大きな敵と戦うにはこちらも巨大化を図らないといけません。


1人でどうにかしようと思っていたのであれば、今一度冷静になって考えてみることをオススメします。

1