どうしても復讐方法となると法に触れる、またはいけない事というイメージが強いものです。


しかし世の中の復讐が全て法に触れるという位置づけになってしまうと刑務所がいくつあっても足りません。


現実的に考えて復讐方法というのは多くが合法的であって然るべきですし、でなければ公然と復讐の話すらできないはずなのです。


頭では分かっていても心がついてこない、それが復讐に対するイメージなのではないかと思っています。

 


そもそもの話、合法的な行為だけで構成されたものは法に触れようがありません。


復讐という言葉の響きがいかにネガティブであっても、方法が合法的なら一切の問題がありません。


つまりは如何に合法的な行動だけで自分が望むターゲットの失墜を達成するかが重要なのです。

 


また一人でそれを考えろということではありません。


ターゲットとの繋がりもなく信頼ができる友人に相談しても良いでしょう。


そもそも合法的なことしか考えないのですから後ろめたいことなど一切ありません。


復讐屋などのプロに相談するのも大きな力となるはずです。


検討の結果依頼をしないという選択もできますし復讐を依頼することもできます。


何れにせよプロの話が聞ける訳ですから、損をすることはないはずです。

例え後遺症が残るような復讐をしないと恨みが晴れない場合でも、それを実行することはオススメできません。


理由としては当然ながら法に触れるからにほかなりません。


復讐というのは合法的にやってこそ意味のある行為ですし、後遺症が残るような方法でなくても解決策はあります。


あくまで「後遺症が残るくらいのダメージを与えたい」ということではないのでしょうか?

 


例えばの話です。


歩けなくさせたいくらい相手を恨んでいるとします。


ここで実際に歩けなくさせた場合と、相手の人脈すべてから関係を断たれ家族からも見捨てられ孤独に生きていくのでは、どちらが痛快でしょうか?


痛快=恨みが晴れるということで今回は考えて構いません。


要するに必ずしも歩けなくさせる必要がないのです。

 


望んでいる結末と恨みが晴れる結末というのは必ずしも一致しません。


正確には別の解決策も存在すると言った方が良いでしょうか。


それらの提案をしていくのも復讐屋という復讐に携わるプロの業者の仕事でもあります。


もちろん業者にも色々なタイプがありますから必ずやってくれる訳ではありません。


しかし基本的な復讐の道筋を一緒に組み上げてもらえる業者であれば、このような提案も珍しくないのです。

男性が憎い女への復讐方法を考える際に自分でどうやってやろうかと画策するものですが、基本的に何もしない方が良いでしょう。


もちろん復讐をするなということではありませんし、是非そこはやるべきかと思います。


そもそも憎まれる原因を作ったのは女性側ですし非が向こうにあるなら大義はこちらにありますから。


これが逆恨みだと目も当てられませんが、そういうことがないという前提で話を進めていきます。

 


まず日本というのは変なところで女性に甘い文化が根付いています。


何かをされたされてないという話について男女で食い違いが生じている場合、なぜか女性側の主張を優先されてしまいます。


日本において見知った関係での男女トラブルというのは起こさないに越したことはないのです。


つまり憎い女=多少なりとも関係性がある訳ですから、自分ではなにもしない方が今後のリスク低減に繋がるのです。

 


ではどうするのかというと、復讐屋などの第三者を頼ってみるのはどうでしょうか。


もちろんターゲットと繋がりがなく自分の信頼できる友人を頼るのも良いです。


結局のところターゲットの関係値がないところから復讐を遂行するのが一番の解決策となります。


これによって復讐に対する報復を防ぐこともできますからメリットも非常に多いのです。

合法的な復讐方法とは?ということを考えているのは、復讐が悪いこと・法に触れることだという先入観があるからです。


そもそもこの考え方というのが間違いというか大きな誤解ですし、これを解かないことには合法的に復讐を遂行していくこともかなり難しいのではないかと思います。

 


まず基本的なことになりますが、どんなことでも法に触れるかどうかというのは善悪やボーダーラインといった形で幼い頃から教えられてきて、直感的に分かる方というのが多いはずです。


だからこそ復讐したい→悪いことを考える→法に触れるから合法的なものをという思考回路になっていくわけです。


具体的には暴力をふるったり騙したり、嘘を吹聴したりといったところが多いのではないでしょうか。


実際のところこれらは法に触れますから当然ながら復讐方法として利用すれば法に触れる復讐方法となります。

 


しかし復讐というのは法に触れることでないと復讐たり得ないのでしょうか?


浮気されて実はパートナーの浮気相手が既婚だったので、浮気相手の配偶者に事実を告げて然るべき対応を取っていった。


これで恨みが晴れれば復讐になると思いますが、果たして法に触れているでしょうか。


もちろん証拠を集める際に盗聴などをしてしまったらダメですが、そんな事をしなくても浮気相手も不倫だったという事実はケースによって簡単に伝わってきます。


このようなケースが復讐方法として認識できるなら、これが合法的な復讐方法ですという1つの答えになります。

 


当然ながら復讐はケースバイケースですし、何より自分の恨みが晴れないことには復讐として成立しません。


それでも合法か違法かという話はなんてこともなく、法に触れることをしなければ合法的な復讐になるというシンプルな図式です。


特に難しいことでもありませんし、もし一人で考えても上手くいかないのであれば復讐屋などのエキスパートもいますから、全く選択肢がないということもありません。


あくまで恨みを晴らす為にどうすれば良いのかを考えていけば、良い復讐方法が組み上がってくるはずです。

合法的な復讐方法といっても、正直な話そこまで特別なことではありません。

単に恨みを募らせて感情的に復讐方法を考えてしまうことで法に触れてしまうようなことばかり出てくるだけで、実際にはその手のリスクある方法は少数派といえます。

そもそもの話ですが、世の中に復讐ないしは仕返しをしたことがない人はどれだけいるのでしょうか?

その多くが法に触れることをしていたとしたら、言葉通り世の中終わってます。

ですが現状としてそうではない訳で、結局のところ意外と復讐方法というのは合法のものが少ないんです。


別の側面から考えていくと、復讐屋という復讐を専門とする業者がネット上に堂々とサイトを展開していたりもします。

仮に復讐という行為が法に触れるものなら流石にネットといえど長い間サイトを運営することはできないはずです。

それなのに何年も運営している業者がいるということは、復讐そのものは法に触れる触れないの話ではないという結論になります。

あくまで復讐として法に触れる行為をしてしまうからアウト、そういうものだと念頭に置いて復讐方法を考えることが大切です。


もちろん恨みが晴れてこその復讐方法ですから、法的にアウトかセーフかばかり考えて内容がおざなりになっても意味がありません。

合法的でかつ効果がある復讐方法であることが前提という言い方もできるでしょう。

またそこに向かって計画を練っていくという流れが正しい復讐方法の考え方ではないでしょうか。

これが1人で考えられるかどうかが1つのターニングポイントとなってきます。


もし1人で考えられないなら、選択肢としては泣き寝入りするか他人を頼るかになってきます。

他人とは全く知らない人物という意味ではなく第三者ということになるので友人や知人など親しい間柄の方も含まれますし、復讐屋のような見ず知らずの人物も含まれます。

他人を頼るとしても復讐のターゲットに計画が漏れてしまうのは避ける必要がありますから、共通の知人などリスクを感じるところは排除しましょう。

究極的には全く知らない、かつ復讐をしっかり遂行してくれる復讐屋が理想ですが、いかんせん向こうもボランティアではありませんから費用がかかってきます。

この辺りを納得できるかどうかというのは自分が持つ恨みの大きさにもよると思いますから、一度冷静に検討した方が良いでしょう。

1