前回もお伝えしましたが、復讐方法において大切なのは法律の範囲内で組み立てるということです。


復讐というだけで法に触れると思い込んでいる方もいますが、あくまで復讐の際に法に触れる行為をするからダメなのです。


つまりは復讐そのものについては法律の範囲内であると言えますし、法に触れない復讐というのは確かに存在するのです。

 


実例でいえば不倫に対する復讐で相手の職場や親族に弁護士を通して不倫の事実を告発することは法に触れるでしょうか?


また、それは恨みを晴らす行為であり復讐ということになりますので、それが法に触れるといえるでしょうか?


結論としては法律の中で動いているからこそ弁護士も動く訳ですし法に触れないということになります。

 


このように法に触れない復讐というのは存在しており、他のケースでも問題なく法律に則った復讐をすることができます。


だからこそ復讐屋も堂々とホームページや広告をネット上に出して営業活動をしている訳です。


その前提で考えていくことが何よりも重要ですし、法律に則ったことをしている以上は復讐が悪いことというのは単なる偏見なのです。

復讐方法となるとメチャクチャなことをして相手を破滅に追いやってやろうと考える方が多いですが早まったことは止めましょう。


あくまで復讐方法というのは自分の人生を壊すものではなく、相手にケリをつけて元の自分に戻るための手段です。


その意識をもたないまま復讐に踏み切ってしまうと文字通り人生を壊す結末が待っているものです。

 


過激なことを考えれば考えるほど、その行為は法に触れると思った方が良いもので、バレなければいいという話ではありません。


法に触れることをすれば当然罰せられますから、自分の人生に傷をつけるどころか場合によっては人生が壊れます。


狂った人生のまま生きたいという方はいませんし、清々しく幸せな人生を送りたいと誰もが考えているはずです。

 


間違った復讐というのはそんな人々の願望をいとも簡単に打ち壊してしまうものです。


逆に正しい復讐というのは法にも触れず相手に制裁を加え恨みが晴れることが元の自分に戻ることができます。


どちらがいいかは明白ですし、自分にその方法が分からなければ頼るべきなのは復讐屋などのプロです。

どうしても復讐方法となると法に触れる、またはいけない事というイメージが強いものです。


しかし世の中の復讐が全て法に触れるという位置づけになってしまうと刑務所がいくつあっても足りません。


現実的に考えて復讐方法というのは多くが合法的であって然るべきですし、でなければ公然と復讐の話すらできないはずなのです。


頭では分かっていても心がついてこない、それが復讐に対するイメージなのではないかと思っています。

 


そもそもの話、合法的な行為だけで構成されたものは法に触れようがありません。


復讐という言葉の響きがいかにネガティブであっても、方法が合法的なら一切の問題がありません。


つまりは如何に合法的な行動だけで自分が望むターゲットの失墜を達成するかが重要なのです。

 


また一人でそれを考えろということではありません。


ターゲットとの繋がりもなく信頼ができる友人に相談しても良いでしょう。


そもそも合法的なことしか考えないのですから後ろめたいことなど一切ありません。


復讐屋などのプロに相談するのも大きな力となるはずです。


検討の結果依頼をしないという選択もできますし復讐を依頼することもできます。


何れにせよプロの話が聞ける訳ですから、損をすることはないはずです。

例え後遺症が残るような復讐をしないと恨みが晴れない場合でも、それを実行することはオススメできません。


理由としては当然ながら法に触れるからにほかなりません。


復讐というのは合法的にやってこそ意味のある行為ですし、後遺症が残るような方法でなくても解決策はあります。


あくまで「後遺症が残るくらいのダメージを与えたい」ということではないのでしょうか?

 


例えばの話です。


歩けなくさせたいくらい相手を恨んでいるとします。


ここで実際に歩けなくさせた場合と、相手の人脈すべてから関係を断たれ家族からも見捨てられ孤独に生きていくのでは、どちらが痛快でしょうか?


痛快=恨みが晴れるということで今回は考えて構いません。


要するに必ずしも歩けなくさせる必要がないのです。

 


望んでいる結末と恨みが晴れる結末というのは必ずしも一致しません。


正確には別の解決策も存在すると言った方が良いでしょうか。


それらの提案をしていくのも復讐屋という復讐に携わるプロの業者の仕事でもあります。


もちろん業者にも色々なタイプがありますから必ずやってくれる訳ではありません。


しかし基本的な復讐の道筋を一緒に組み上げてもらえる業者であれば、このような提案も珍しくないのです。

男性が憎い女への復讐方法を考える際に自分でどうやってやろうかと画策するものですが、基本的に何もしない方が良いでしょう。


もちろん復讐をするなということではありませんし、是非そこはやるべきかと思います。


そもそも憎まれる原因を作ったのは女性側ですし非が向こうにあるなら大義はこちらにありますから。


これが逆恨みだと目も当てられませんが、そういうことがないという前提で話を進めていきます。

 


まず日本というのは変なところで女性に甘い文化が根付いています。


何かをされたされてないという話について男女で食い違いが生じている場合、なぜか女性側の主張を優先されてしまいます。


日本において見知った関係での男女トラブルというのは起こさないに越したことはないのです。


つまり憎い女=多少なりとも関係性がある訳ですから、自分ではなにもしない方が今後のリスク低減に繋がるのです。

 


ではどうするのかというと、復讐屋などの第三者を頼ってみるのはどうでしょうか。


もちろんターゲットと繋がりがなく自分の信頼できる友人を頼るのも良いです。


結局のところターゲットの関係値がないところから復讐を遂行するのが一番の解決策となります。


これによって復讐に対する報復を防ぐこともできますからメリットも非常に多いのです。