復讐方法の本質を考えると大事なのは調べることよりも想像することだったりもします。


もちろん想像だけした終わりでは意味がないんですが、相手をどうしたいのか現実的に想像していったりすることが復讐方法のスタート地点です。


そこから同じように現実的に想像を続けて目的を達成するための計画を組んでいくことになりますから、やっぱり想像力ということになります。

 


ここが足りていないと無計画・計画不足ということになるわけですし、どれだけ大切なのかは分かると思います。


作った計画を実行しないことには復讐になりませんから、行動力も必要なのは間違いありません。


ですが行動力の前に計画ができないといけない以上、それよりも想像力ということになります。

 


想像力と行動力があれば100点という訳ではないものの、かなりのウェイトを占めているのは間違いないでしょう。


もし相手をどうしたいのかまとまらないだとか、そのために必要な方法が分からないということであれば復讐屋に相談するのも良いです。


どんなケースでも答えは1つでないはずですので、色々と想像を膨らませてみるところから始めると良いでしょう。

世の中のどんな情報でもネットで調べられるといっても過言ではないくらいに情報過多の時代となっていますが、そうであっても復讐方法というのは別の話です。


もちろん表向きに見れば復讐方法ですら体験談や紹介という形で様々な情報が載っていますから、使える方法が幾らでもあるのではと勘違いしてしまいがちになります。


しかし復讐方法というのは自分と相手、セットの組み合わせから現在の環境まで様々な点が組み合わさっているものです。


まさに無限大の組み合わせですので自分の状況に合致した復讐方法が出てくることは殆ど奇跡に近いと思った方が良いでしょう。


シチュエーションだけ見れば職場や家庭、サークルなど自分と同じ状況で実行された復讐方法があるかもしれませんが、それだけでは相手に効果があるとは限りません。

 


わかりやすく言えば自分と完璧に相性の良い恋人はどこにいますか?とネットで調べているようなものであって、誰が最適かは載っている訳がありません。


ただしその恋人を探すための手段は載っているわけで、これを復讐方法に応用すればネット上の情報が無駄になることはありません。


環境や人物、状況など各要点が似通っているところから上手く抜き出して組み合わせていけば、それなりの効果が見込めるということになっていきます。


が、それを完璧にやり通すというのは難しいものなので、どうしても効果絶大な復讐方法で恨みを晴らしたいということであれば復讐屋の方が現実的な選択かもしれません。

何かしらの目標を立てたときに、それに向かって全力で進んでいくというのは良いことですが、復讐方法を練るにあたっては良いとも限りません。


復讐方法というのは如何に自分が恨みを晴らせる結果を生み出せるか、また如何に失敗しないようにするかということが大事だからです。


復讐における目標というのは誰にでもありますが、目標を達成することよりも恨みが晴れることの方が大切なはずです。


また明確に失敗しなければチャンスは複数あるのが復讐ですから、リカバリーの効く復讐方法を構築した方が良いということになります。

 


ここでいう失敗というのはターゲットに計画がバレて自分が更にネガティブな状態になってしまうことを指します。


ただでさえ嫌な思いをして恨んでいるというのに、復讐計画がバレて更に惨めな状態になってしまう・・・これはどう見ても失敗です。


しかし理想とする計画が上手くいかなくてもターゲットに計画がバレていなければ日を改めて違う復讐方法を実行することもできます。


これが失敗というならその方にとっては失敗かもしれませんが、恨みを晴らすチャンスがある=失敗ということではないのではないでしょうか。

 


また一度上手くいかない結果となれば、今後の対策というのも練るのがスムーズになってきます。


自分一人で対処できることなのか、復讐屋などを使った方が良いのかなど様々な視点から考えていけるのはメリットの他にありません。

復讐方法を考えるということを言葉通りに考えると何をターゲットに対してやってやろうかという行為を考えてしまいます。


が、復讐方法の正しい考え方は行為から考えるのではなく、どのような目的を達成したいのかという結果から考えるべきです。


そうしないと行為ありきの計画になってしまいますから、実行してそれが成功したとしても復讐として成立しない可能性が出てきます。

 


復讐が成立するか否かというのは、わかりやすく言えば恨みが晴れるかどうかというところになってきます。


恨む原因であるターゲットに対して、どのようなことが起これば恨みが晴れるのかというのを考えていくことになります。


そして、その結果に対してどのような行為が必要なのかを考え計画し、実行していくのが正しい復讐方法の考え方といえます。

 


単に復讐行為をすれば気が晴れるくらいの恨みであれば、行為ありきで考えても差し支えありませんが、デメリットもやはりあります。


行為ありきだと過激なことを徐々に考えだしてしまい、法に触れるようなことまで計画に織り込んでしまうのは非常に大きなリスクと言えるでしょう。


また実行したい行為が難しすぎると復讐屋などのプロに任せる必要も出てきますから、正しい順番で考えていった方が良いかもしれません。


復讐方法を考える上で必要なことは非常にシンプルで、誰にでも考えられることですが多くの方が実践せず復讐の成功を逃しています。


何が必要なことであるかというと、復讐の終着地点が明確であり、それに向けて現実的に考えていくことの2点です。


言葉に表してしまえば本当にこれだけなのですが、復讐に失敗する方はこれができずに進めてしまっているのは間違いありません。

 


なぜ終着地点が明確である必要があるかというと様々なものを計画するにもゴールが見えてないと行き先不明になってしまいます。


しかし復讐というのは恨んでいるという精神状態から「復讐する」ことをゴールに置き換え感情的に行動してしまうことも可能なのです。


だからこそ復讐が失敗してしまう方の殆どが感情的に復讐してしまい復讐方法もなにもない状態で動くことが原因で失敗してしまうということになります。

 


これを解決する方法が終着地点を定めることであり、そこに向けて現実的に考えていく必要があるのです。


現実的に考えるというのは言葉通りで、自分にできないことを計画しても仕方ありませんし、可能なことだけで復讐方法を組み上げなければなりません。


あるいは自分にできないことを復讐屋などに任せるという選択肢もありますが、それには終着地点を伝えなければいけませんから、何れにせよ必要なことは変わりがないのです。