どんな復讐方法があるのかと熱心に調べる方は多いですが、相手ありきで復讐方法を調べる方は少ないものです。


相手に対して実行する復讐方法を調べているはずなのに相手への効果などを考えないというのもおかしな話ですね。


実際のところそうやって調べた方法は大した効果もなく失敗に終わるというオチが待っています。

 


あくまで復讐はターゲットにするもので、その方法は相手の弱点を突かなければ意味がありません。


単に復讐をしたという履歴を残したいだけなら好きな方法でやれば良いですが、多くはそういうことでもないはずです。


自分の望む状態に相手が陥ってこそ復讐は成功という位置づけになるのではないでしょうか。


そのためには相手に合わせた復讐方法を実行する必要があります。

 


また復讐方法を探すことができないなら復讐屋に投げてしまうという手もあります。


自分が求める結末さえ固めておけば、それを伝えるだけで動いてくれるのが業者のいいところです。


全てを投げてしまうと望まない結果になる可能性もありますから、結末だけは伝えておくべきです。


それによって話もスムーズになりますし、その他の点においても話が早くなるのでメリットしかありません。

働いていると陰険な上司やお局様など色々な立場の人物から理不尽な仕打ちを受けたりするものです。


そんな時に何か良い復讐方法はないかと方策を調べるということは誰でもあるはず。


しかし結局は我慢するしかないと見当違いな自己解釈で誰にも相談せずに終わるケースが大多数でしょう。


はっきり言いますが、だからご自身の職場は働き辛い環境になってしまっているのです。


キツイ言い方をすれば環境を自ら変えることをしなかった自己責任です。


今からでも遅くはありません、働きやすい職場にしてしまいましょう。

 


結局のところ理不尽な仕打ちというのは自分だけにされているものではありません。


他にも誰かしらが被害に遭っているケースが大多数ですので味方を可能な限り多く作って対抗していくというのも手でしょう。


いっそのこと告発してしまうのも今の御時世に合っているかもしれません。


自分で動くことが怖ければ他人に頼むという手だってあります。

 


1つの答えとして復讐屋に相談するというのも手です。


理不尽な仕打ちを告発してターゲットを追放するとか制裁するというのは、いわば1つの復讐方法です。


会社など社会的なコミュニティでの復讐方法は、まず正攻法からというのがセオリーとしてあります。


なぜなら法人という法的に認められた集団の中での話ですから先に正攻法での糸口を探した方が無難だからです。


結局は復讐が達成できれば良いわけですから、餅は餅屋、復讐は復讐屋に相談するのが早いかもしれませんね。

 

人に大してするものだから復讐方法は臨機応変でなくてはいけない。


そういう考え方もあると思いますが、それは全体の5%程度にすぎないといえます。


特に自分で復讐行為をしようとすると曖昧にしがちですが復讐方法の選定はほぼ全てを決します。

 


まずまずもってやろうとしていることが相手にとってダメージなのかどうかは一番重要です。


自分がやられたら困ることでも相手が困るとは限りません。


自分にとって弱点であることも相手にとっては強みかもしれません。


相手は相手、自分は自分、他人は他人なのです。

 


そのターゲットに合わせて構築していくことが最良の復讐方法に繋がります。


自分本位に考えてしまっては自分に効く復讐方法しか組み上げることができません。


それは本末転倒というか、自分に対して復讐する訳ではないので意味がありませんよね。

 

もしもそこまで緻密に復讐方法を組めないということであれば実行前に一旦ストップしてください。


復讐屋など有力なサポートを受けてプランを考え直すのもよし、業者に任せてしまうのも良しです。

例え後遺症が残るような復讐をしないと恨みが晴れない場合でも、それを実行することはオススメできません。


理由としては当然ながら法に触れるからにほかなりません。


復讐というのは合法的にやってこそ意味のある行為ですし、後遺症が残るような方法でなくても解決策はあります。


あくまで「後遺症が残るくらいのダメージを与えたい」ということではないのでしょうか?

 


例えばの話です。


歩けなくさせたいくらい相手を恨んでいるとします。


ここで実際に歩けなくさせた場合と、相手の人脈すべてから関係を断たれ家族からも見捨てられ孤独に生きていくのでは、どちらが痛快でしょうか?


痛快=恨みが晴れるということで今回は考えて構いません。


要するに必ずしも歩けなくさせる必要がないのです。

 


望んでいる結末と恨みが晴れる結末というのは必ずしも一致しません。


正確には別の解決策も存在すると言った方が良いでしょうか。


それらの提案をしていくのも復讐屋という復讐に携わるプロの業者の仕事でもあります。


もちろん業者にも色々なタイプがありますから必ずやってくれる訳ではありません。


しかし基本的な復讐の道筋を一緒に組み上げてもらえる業者であれば、このような提案も珍しくないのです。

男性が憎い女への復讐方法を考える際に自分でどうやってやろうかと画策するものですが、基本的に何もしない方が良いでしょう。


もちろん復讐をするなということではありませんし、是非そこはやるべきかと思います。


そもそも憎まれる原因を作ったのは女性側ですし非が向こうにあるなら大義はこちらにありますから。


これが逆恨みだと目も当てられませんが、そういうことがないという前提で話を進めていきます。

 


まず日本というのは変なところで女性に甘い文化が根付いています。


何かをされたされてないという話について男女で食い違いが生じている場合、なぜか女性側の主張を優先されてしまいます。


日本において見知った関係での男女トラブルというのは起こさないに越したことはないのです。


つまり憎い女=多少なりとも関係性がある訳ですから、自分ではなにもしない方が今後のリスク低減に繋がるのです。

 


ではどうするのかというと、復讐屋などの第三者を頼ってみるのはどうでしょうか。


もちろんターゲットと繋がりがなく自分の信頼できる友人を頼るのも良いです。


結局のところターゲットの関係値がないところから復讐を遂行するのが一番の解決策となります。


これによって復讐に対する報復を防ぐこともできますからメリットも非常に多いのです。