復讐方法というのは一人で実行するよりも複数人で行動していく方が効果的なケースが殆どです。


ですが複数人で動けば動くほど懸念されるべきなのが裏切り行為です。


打算的に考えてターゲットに密告した方が見返りもあると踏んだ人間はいとも簡単に裏切りを実行します。

 


なぜそうなるのかといえば、仲間を近しいところで探しているからに他なりません。


例えば職場内の復讐において職場内で仲間を探してしまうと、見つかりやすいですが裏切りのリスクは跳ね上がります。


せめて職場外の友人や知人を当たるのが良いところでしょう。

 


が、それでもリスクが怖い、もっと安全策はないのかという方には復讐屋をオススメします。


完全なる第三者で当然ながら守秘義務もあり、復讐に特化しているので復讐方法にも精通しています。


ただしコストは相応にかかりますから、どの程度まで復讐に対して様々な代償を覚悟しているのかで決めると良いでしょう。

よくある主婦の復讐ネタで雑巾汁を味噌汁に入れたり使用している歯ブラシで排水溝掃除といった話がありますが、あれは意味がありません。


いやいやスッキリするから復讐になっていると思っている方も勿論いるでしょう。


しかし以前と変わらない相手の態度などを見て次なる復讐と称した自己満足な行為を画策するのではないでしょうか。

 


何かされて復讐心が芽生え、何らかの行為をもって恨みを晴らすという流れは復讐において正しい流れです。


しかし前述の行為が恨んでいる相手が蚊帳の外にいる状態ですから、本当に言葉通り自己満足でしかありません。


本当はターゲットが悶えるところを見たいのではないでしょうか?

 


とはいえ法に触れるようなことをしろと言っているのではありません。


例えば恨む原因に明確な相手の癖などがあれば、それが直るようにしていけば良いのです。


離婚事由に相当するほどの話なら面と向かって話せば良いですし、究極的には復讐屋などの第三者という選択肢もあります。

ネットで気軽に何でも調べられるようになった今、復讐においてもネット活用をしようとする方が多いと思います。


どこかに最高の復讐方法がないか調べようとしている、また調べても見つかってない方は今後も見つかることはありません。


そもそも最高の復讐方法というのは世の中に存在しないというのが一番の理由になります。

 


最高の復讐方法とは言い換えれば自分の状況で一番有効な復讐方法といえるでしょう。


しかし復讐のシチュエーションというのは同じようなケースがあっても個々の状況というのは千差万別です。


元より相手が違えば弱点も違うので全く同じ事例が復讐方法と共にネットで掲載されている可能性はゼロに等しいのです。

 


もちろん完全にゼロとは言いませんが、そんな奇跡を探すよりもしっかりと自分で計画を練るなり復讐屋を頼るなりした方が良いのではないでしょうか。


結局のところ目的は復讐をして恨みを晴らすことで最高の復讐方法を探すことではありません。


手段が目的にならないうちに道が逸れないようにすべきことがなにより大事ではないかと思います。

職場で復讐方法を模索するというのは相当なストレスが溜まっている状態であることは間違いありません。


だからといってそれを暴発させて突飛な行動を取ることは自信の職場生命が脅かされるものと思った方が良いでしょう。


一番考えるべきは恨みを晴らすこと、復讐方法を練り上げ実行することで正解ですが職場での身の振り方も考える必要があるということです。

 


もし復讐を完遂して自らも退職するという考えで行動するのであれば、法が許す範囲で動いていけば問題ありません。


復讐屋でも弁護士でも利用できるものを何でも利用して恨みが晴れるまで動いていくことで復讐方法というのは計画ができます。


しかし復讐後も同じ職場で仕事を続けていこうとしているのなら、一捻りしないと上手くいかないことが多いでしょう。

 


どれだけ相手に非があったとして復讐方法を実行したということが周りに知れ渡れば今までの評価というのは反転する可能性があります。


それだけに自分がやったと悟られないような方法である必要がありますし、実行者も自分以外の方が望ましいはずです。


そういった時に復讐屋を始めとした第三者は利用価値がとても高いですから検討の余地は充分にあるかと思います。

相手が不倫をしたからといって何をしても許される訳ではないのが日本という国です。


ケースによっては相手に有利な条件で離婚などの報復を与えられてしまう可能性があることも考えておくべきでしょう。


もちろん悪いのは不倫をした相手ですが、だからといって全てのイニシアティブを取れるということではありません。

 


大前提として立場が逆転してまうというのは人道的、かつ法的に相手よりも悪いと判断されてしまうということになります。


噛み砕くと仮に離婚調停になった場合どちらが有責かという判断というと分かりやすいかもしれません。


元はといえば相手の不倫が原因だとしても復讐方法の選び方によっては最終的に自分が悪い、やりすぎだという判断になってしまうのです。

 


そうならないためにも復讐方法を考える時はキッチリと恨みを晴らしつつも1回で終わるようなものが良いと思います。


悪い例として不倫をしたのでパートナーの給料をすべて差し押さえ、ご飯も作らず小遣いも与えないというような場合、今の時代DVに当てはまってしまいます。


分かりやすくいえばネチネチと長い期間いたぶるよりは一撃でズバッと終わらせるべきということなのです。