浮気された恨みを晴らすべく復讐方法を探しているのであれば、適切な相手へ真実を暴露するのが最も効率的です。


例えば浮気のみならず不倫関係であったとすればターゲットの配偶者が良いですね。


一言告げるだけで修羅場になるのは確定も同然でしょう。

 


この手の話だと職場や親族あたりがベターですが、友人関係で浮気をするというパターンもあります。


そのような場合は自分の近しいところから仲間に引き込んでいくのが良いです。


あまりターゲットの方に近い相手から話をしてしまうとターゲットにすり寄ってしまうのでオススメしません。

 


どのような復讐方法でも基本は徐々にでも良いので味方をつけていく=ターゲットが完全なる悪であることを周知することが大切です。


でないと独りよがりな行動になってしまい合法的な復讐であっても自分が悪になってしまうのです。


善悪の基準というのは法的なところとは全く別の動きをしますので、ここは復讐方法を考える上で一番注意した方が良いでしょう。

何かしらの手段で復讐方法を持ってきたとします。


そのままの状態で実行しても効果はたかが知れているというのは言うまでもありません。


ではその復讐方法は使えないのか?というと、そういう訳ではありません。

 


基本的に復讐方法というのは改善ありきで考えるべきもので、それによって効果が高まるのはもちろんのことリスクも抑えることができます。


私達は復讐に関して素人ですから、復讐屋のようにゼロから復讐方法を構築していくことはできません。


もちろん中にはそういう方もいらっしゃると思いますが例外だと思った方が良いでしょう。

 


改善というと大げさな響きかもしれませんが、要するにカスタマイズです。


自分のケースに当てはめて復讐し易い形にしていくだけの話ですから、そこまで思いつめることもありません。


ターゲットの弱点が分かってるなら、それに合わせてみたり行動パターンを合わせてみたり。


それくらいの話ですから逆にやらないと効果も低くなりますしデメリットなのです。

 


復讐方法の効果というのは、練れば練るだけ高くなるものですから是非やるべきでしょう。

ネット上には復讐方法が満載というほど色々な情報で溢れていますが、これらは先に疑ってかかるべきです。


インターネットで嘘のニュースが広まって、それが話題になることが少なくないように、ネットには嘘が必ず潜んでいます。


全く事実無根の内容もあれば、あたかも自分でやったかのように書いておいて実は何もしていないなどタイプは様々です。


だからこそ復讐方法が載っていても「それは本当に効果があるのか」検討する必要があるのです。

 


検討の手順は至ってシンプルです。


まず実際に自分で実行できるのかを考えていきます。


無理なら実現不可能、効果が本当かに関わらずお話にならないということです。


次にターゲットへ方法を実行してどの程度の効果が見込めるのか考えていきます。


ここで怪しいのなら、その方法は諦めた方が良いでしょう。


楽観的に考えず確実に効果があると踏んだら法的なところに注意して実行していきましょう。


兎にも角にも法に触れる行為は自分の身を滅ぼすので止めましょう。

 


さて、いくつもの方法を検討したが現実的でないということであれば復讐屋などの出番になります。


結局のところ復讐のプロというのは復讐屋が筆頭となりますから、ここに頼るのが確実性も高いです。


自分でやるというのは素人が自分でやると言っている訳ですし、どちらの方が良い結果を得られるのか考えて良いところでしょう。

何ごとも絶対ということはないものですが、復讐方法に関しては絶対ばれないと言い切れる点が存在します。


そもそも何故ばれてしまうかといえば自分が何かしら復讐をやったと見られたり痕跡が残ったりするからです。


こればかりは自分で動く以上、誰かに見られることが絶対にないとは言い切れませんし絶対ばれないとは決して言えません。

 


ではどうして絶対ばれない方法があるのかというと、自分で動かない選択をとるからです。


端的に言えば復讐屋などの完全な第三者がそれに当たります。


友人知人親族ではダメです、関係性が繋がっています。


要するに赤の他人に動いてもらうことで自分に至るまでの情報を完全に遮断することができます。


この状態で何か痕跡が残ったとしても辿り着けるでしょうか?


ということでばれたくないなら真っ先に考えるのが「誰に動いてもらうか」です。

 


自分としか繋がりがないと思っている友人も、その人の友達の友達がターゲットだったというオチがあるので友人知人は最も危険です。


親族に関してはターゲットとの間柄次第でどうにかなりそうな気もしますが、やはり繋がりを見られるとばれます。


こうして消去法で考えていくと赤の他人が一番合理的でばれないということになる訳です。

 


ただし1点だけ避けられないことがあります。


それはターゲットが思い込んでしまい自分が復讐したと考えたパターンです。


普段あまり喧嘩をしないのに、数日前に喧嘩をしてしまい自分が恨みを持ってしまった。


そのようなシチュエーションだと何かがターゲットに起こると根拠なく自分を疑ってきます。


これを避けるということはできませんので、アリバイ作りをしておくことを強くオススメします。

復讐方法を探していると具体的な手順などが書かれた記事を見かけることがありますが、真似をしてはいけません。


真似をするのではなく参考にして自分のケースに当てはめて構築していくのは問題ありません。


ですが甘い考えで「ここはそのままでOK」とやって失敗しても責任は持てません。

 


なぜこうなるのかといえば復讐というのはシチュエーションが同じだったとしても相手の性格や弱点、自分の環境など様々な点が違います。


会社での復讐、家庭での復讐などなど、大抵の記事ではシチュエーション別に方法が書かれていると思いますが、それではダメなのです。


これこれこういう状況で相手がどんな人で自分の環境がこうだから、○○の方法が最も適切であるという形で考えていくのが正攻法になります。


逆に相手にこうなって欲しいから自分はこんな復讐方法を取っていくという、逆算式の計画でも問題ありません。


何れにせよ抜かりなく復讐が進み相手が理想的な結末を迎えればOKなのですから、計画を練る手順は好きな方を選んで良いでしょう。

 


それよりも大切なのは失敗しないためにどういう予防線を張っておけるかです。


人と人がぶつかる復讐だからこそ、予期せぬアクシデントというのはどうしても発生してしまいます。


このような状況でサブプランがあるのとないのでは結末が大きく変わってきます。


また、実行役は自分なのか友人なのかはてまた復讐屋なのか等、考えることは意外と多いものです。


もし1人で収集がつかなければ復讐屋にでも相談して依頼という形でも良いですし、ここは自分自身の選択肢次第になってきます。